忍者ブログ

板倉スポーツ少年団野球クラブ公式ブログ

新潟県上越市で活動している学童野球チーム、「板倉スポーツ少年団野球クラブ」のブログです。

12/09

Fri

2016

軟式ボールリニューアル




現在の軟式学童用ボールは「C号」球ですが、




再来年2018年後半に、


真意匠の「J(=ジュニアの意)号」球が


発売される予定だそうです。



(こちらは2017年12月発売予定のM号球)





従来のC号と比較し、


1mm・1g大きく重くなるそうです。



低反発にしてバウンドを抑え、


高剛性にして打球の飛距離を大きくしたそうですが、



果たして野球がどう変わるでしょうか?






ハートマークのディンプルに


JSBBの愛を感じました(⌒∇⌒)






PR

05/08

Sun

2016

フィルダースチョイス?





先日の試合で、


記録をつける上で特殊なケースがありました。



4回裏同点、無死2・3塁。


規定時間がすでに過ぎており


1点入れば打ち切りで試合終了(サヨナラ)の場面。






守備隊形は当然絶対に本塁を守る前進守備。



その場面で打者が打った打球は三塁手前のゴロ。





3塁走者は突入し


三塁手はバックホームしましたが


スライディングした走者の足が


ベースを踏むのが早くセーフ。




試合が終わりました。








そこでスコアシートの記入です。




通常のプレー、


打者を1塁でアウトにできる内野ゴロで



本塁に投げてしまったが為オールセーフになってしまった場合



フィルダースチョイス(野手選択)が記録されます。





一見同じ処理の今回の場面では違います。



3塁走者を還してしまうと



即負け(サヨナラ)となってしまうこの場面では



三塁手に本塁を無視して打者をアウトにするという選択はあり得ません。





三塁手は本塁にしか投げる手段しかないわけですから



結果出塁を果たした打者の記録は「内野安打」となります。



同様の場面でもしスクイズがあっても同じく内野安打とします。



この場面のスコアシートです。







【追記】

もし同じ場面で


三塁手があわてて1塁に投げて(3塁走者は当然生還)しまったらどうするか。




打者走者がアウトかセーフかに関わらず


やはり安打を記録します。




この1塁のプレイは野球規則の根幹、


「各チームは、相手チームより多くの得点を記録して、勝つことを目的とする。」


に対して意味のないプレーだからです。






野球って難しいですね。



まあ、参考まで。


04/04

Mon

2016

捕手以外のグラブ





今年の規則改正で


グラブ・ミットに関して以下の変更がありました。


(3) 3.05〈1.13〉に次の【注】を追加する。
 【注】 我が国では、縦の大きさを先端から下端まで13インチ(33.0センチ)以下とする。

(4) 3.06〈1.14〉の冒頭の「一塁手、捕手以外」を「捕手以外」に改め、次の【注】を追加する。
 【注】 我が国では、縦の大きさを先端から下端まで13インチ(33.0センチ)以下とする。




これについて意味・必要性がイマイチわからなかったのですが、


あるブログで解説されているのを見てわかりました。



まず大きさについては


実は既存の製品が


規則より大きいものがかなり出回っていたそうで(驚)、


しかも相当長い期間。


なので、これを追認したそうです。




そしてわざわざ「一塁手、捕手以外」を「捕手以外」にしたのは、


「一塁手はグラブ又はミットが使用できる」


「捕手はミットのみ使用できる」


と明確にするためだそうです。



罰則はありませんが、



もし1塁以外でミットを使用していたり、



ミットでなくグラブでキャッチャーをしていた場合



注意をして正しい用具を教えてあげましょう。



詳しくは『わかりやすい野球のルール』粟村哲志のブログで。





まあ参考まで。








【板スポ行動目標】



元気ハツラツ!

集中!

己に勝つ!






  ◇  ◇  ◇





板スポでは新入団員を随時募集しております。





見学・体験いつでもOK!





詳しくはこちらまで。




どうぞ気楽に遊びに来てください!








02/26

Fri

2016

2016年 アマチュア野球内規





今年度のアマチュア野球内規改正内容が発表されています。




アマチュア野球内規(2016年)



「バッターボックスルール」が追加されています。


打者がむやみにボックスを完全に外すことを明確に禁止しています。




この内規とは別に、




昨年の競技者必携改定で1年間猶予となっていた




「投球当時」の解釈が今年より変更されています。



2015年度規則適用上の解釈




昨年までは「投手が軸足を投手板上に位置したとき(オンザラバー)」となっていましたが、



今後はプロと同様「投手が打者への投球動作を起こしたとき」となります。



ワインドアップやセットポジション、



また走者がどの塁にいるかでその瞬間はかわりますが




こちらの方が違和感はないでしょう。










  ◇  ◇  ◇







板スポでは新入団員を随時募集しております。






見学・体験いつでもOK!




まずは見にいらっしゃいませんか?





現在、春に正式入団予定の子供達も






数人プレ入団して楽しんでいます。






詳しくはこちらまで。





どうぞ気楽に遊びに来てください!

01/29

Fri

2016

2016年度 野球規則改正





NPBから



本年度の野球規則改正の内容が発表されました。


2016年度 野球規則改正




かねてからニュースになっていました



本塁での走者による捕手へのタックル禁止と



捕手のブロック禁止が正式に明文化されました。





しかし、


アマチュアではすでにアマチュア内規で同様の事は禁止されています。





ただ高校野球をはじめ




学童野球でも散見される捕手による本塁ブロック




今回の野球規則改正により




本来のルール運用になるのではないでしょうか。








  ◇  ◇  ◇







板スポでは新入団員を随時募集しております。






見学・体験いつでもOK!




まずは見にいらっしゃいませんか?





現在、春に正式入団予定の子供達も




数人プレ入団して楽しんでいます。






詳しくはこちらまで。





どうぞ気楽に遊びに来てください!



P R

Copyright © 板倉スポーツ少年団野球クラブ公式ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]