忍者ブログ

板倉スポーツ少年団野球クラブ公式ブログ

新潟県上越市で活動している学童野球チーム、「板倉スポーツ少年団野球クラブ」のブログです。

08/30

Fri

2013

帰塁・アピールプレイに関するルール確認



昨夜の巨人vs阪神でアピールプレイによってアウトになった場面がありました。







1回裏巨人の攻撃、


バッター村田選手の打った大飛球をマートン選手が好捕。


飛び出していた1塁ランナー阿部選手が帰塁の際に、


2塁ベースを踏まなかったようです。





肝心のベース空過した場面の映像がないので、


6月にも同様のケースがあったのでそちらの画像を参考に。





-----------------------------------

≪逆走時も触塁必要≫
野球規則の7・02には「走者は進塁するにあたり、一塁、二塁、三塁、本塁の順序に従って、各塁に触塁しなければならない。逆走しなければならないときも(中略)すべての塁を逆の順序で、再度触れて行かなければならない」とある。さらに、同項の【注二】(2)には“逆走しなければならないとき”というのは「塁を空過した走者が、その塁を踏み直す場合」とあり、阿部が二塁を踏まずに回っていたとしても、戻る際には二塁を踏まなければいけない。

------------------------------------

必ず帰塁の際は確実にベースを踏みましょう。


特にベース付近で取って返すような場合は要注意です。




もう1つ。


同様のケースで守備側がアピールする場合。



アピールはプレイ中でないとできません。



タイム中に審判にアピールしても、



審判は「タイム中」としか答えてくれません。
(規則でそうなっているのです)



タイムが掛かっている場合は必ずプレイ後にアピールをしましょう。



そのまえに内野手はランナーがベースを踏んでいるか必ず見るようにしましょう。



いつでも全力で全員野球!!
最後まであきらめずに、
この勝負俺たちが必ず勝つ!!




よい子のみんなはちゃんと覚えてね!



PR

P R

Copyright © 板倉スポーツ少年団野球クラブ公式ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]