忍者ブログ

板倉スポーツ少年団野球クラブ公式ブログ

新潟県上越市で活動している学童野球チーム、「板倉スポーツ少年団野球クラブ」のブログです。

04/02

Thu

2015

危険防止(ラフプレイ禁止) ルール(守備妨害)





北信越代表の敦賀気比高校、



センバツ優勝おめでとうございます。



北信越のレベルが上がっていることを証明してくれました。



次は新潟県の番ですよ。






さて、


白熱した決勝戦。


ちょっと気になるプレイがありました。



8回表東海第四の攻撃。


無死2塁で送りバント。


捕った投手が3塁へ投げて楽々アウト・・・



と思ったら走者が3塁手と交錯して落球。



守備妨害ではないかとアピールも3塁審は「ノー」。





あらためてルールではどうなっているでしょう。


アマチュア内規


----------------------------------------------

⑦危険防止( ラフプレイ禁止) ルール
1.タッグプレイのとき、野手がボールを明らかに保持している場合、走者は(たとえ走
路上であっても)野手を避ける、あるいは減速するなどして野手との接触を回避しなけ
ればならない。


さらに


審判員は、
1)野手との接触が避けられた
2)走者は野手の落球を誘おうとしていた
3)野手の落球を誘うため乱暴に接触した
と審判員が判断すれば、その行為は故意とみなされ、たとえ野手がその接触によって落球しても、走者にはアウトが宣告される。ただちにボールデッドとなり、すべての他の走者は妨害発生時に占有していた塁に戻る。


----------------------------------------------


今回は審判員はいずれにも該当しないと判断したようですが、

『1)野手との接触が避けられた』



個人的には、



完全にタッグアウトのタイミング、



そして少なくとも普通にスライディングすれば避けられたと


私は思いますが・・・





みなさんはどう見ますか?









結果的には東海大四に野球の神様は味方しなかったようです。




今日の新潟日報にも出ていましたが、


この時の走者もこのプレイを悔やんでいるみたいですね。






まあ、参考まで。




PR

P R

Copyright © 板倉スポーツ少年団野球クラブ公式ブログ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]